好文館 福岡・熊本の個別指導塾/
英語・数学
教室見学のご相談 お問い合わせ
好文館からのお知らせ

【2021年度】熊本公立高校の出願者数と倍率

下表は熊本公立高校(後期選抜)の出願者数と倍率の推移を示したものです。

熊本公立高校の出願者と倍率

熊本、済々黌は例年並み。第一は2倍超え!

熊本高校は 1.40倍、済々黌は 1.56倍、第二高校(普通)は 1.38倍と、いずれも例年並みかわずかに低下しています。第一高校(普通)は 2.01倍と上昇しており、過去3年間(2018~2020年度)と比較しても特に高い水準であったことが分かります。熊本北高校(普通)は 1.49倍で例年並み、東陵(普通)は 1.04倍と大きく低下しています。

倍率は上昇と低下を繰り返す

熊本北高校(理数)の倍率を見てみると、2.25倍 →1.70倍 →2.70倍 →1.35倍と推移しています。一般的に倍率は、前年度に大きく低下すると翌年は上昇し、またその翌年は低下するといった傾向がみられます。よって、今年倍率が低下した学校(学科)は、来年は上昇することが予想されます。

好文館では私立を含む志望校の入試傾向を分析し、個別指導しております。お気軽にご相談ください。

熊本高校の受験対策を個別指導

この記事をシェアする

前の記事 授業風景
次の記事 【医学部】偏差値ランキング
お知らせ一覧